「生活習慣病予防健診」から生活習慣病を改善する「特定健康診査」に変更になりました

被扶養者の皆様の健診内容が平成25年度より変わっております。
これまでの「特定健康診査」に加え、被保険者と同様に生活習慣病予防健診が新たに追加され、がん検診(胸部X線検査、胃部X線検査、糞便検査)や婦人科検査も受診することができます。なお、受診できる医療機関は「生活習慣病予防健診実施医療機関一覧表PDFファイルを別ウインドウで開きます」に記載されている病院等で受診できます。詳しくは、船員保険情報センターまでお問い合わせ下さい。
(平成29年度受診対象者:平成29年4月1日から平成30年3月31日において40歳以上74歳までの被扶養者)

対象となる方

被扶養者のうち、当該年度4月1日から翌年3月31日までにおいて40歳以上74歳までの方。(75歳の誕生日の前日まで)

健診の種類
       
健診の種類 内容 自己負担額
生活習慣病
予防健診
巡回健診 漁協または会社等の単位での受診となり、「一般健診」の内容の検査を健診車で受診いただけます。 4,740円(上限額)
一般健診 検査項目には、がん検診の内容を含んでいます。 6,609円(上限額)
総合健診 「一般健診」より詳細な内容の日帰り人間ドックです。 11,557円(上限額)
特定健康診査 メタボリックシンドロームに着目した内容の検査です。
(より少ない費用で手軽に健診を受診したい方向け)
健診費用の総額-7,020円
(契約健診実施機関は、全国に約5万機関。そのうち約2千機関において無料で受診いただけます。)

【平成29年度】生活習慣病予防健診・特定健診のご案内(被扶養者用)