被保険者の方の健診は生活習慣病予防健診です。

健診の検査項目(生活習慣病予防健診の検査項目一覧)

一覧の印刷はこちらのPDFファイルをご利用下さい

対象者 船員保険加入35歳以上の被保険者
35~74歳35~74歳35~74歳
検査項目 検査の内容 検査の目的 一般健診
(外来健診)
一般健診
(巡回健診)
総合健診
問診   健康に関する経歴と現在の様子をお伺いし、参考にします
理学的検査 胸部聴打診 体の各部の状態をチェック
腹部触診
膝蓋腱反射
身体測定 身長、体重、BMI、腹囲 体全体の状態の把握、肥満とやせのチェック
握力(右・左)  
遠距離視力(右・左)、色覚  
聴力検査 簡易聴力検査 感覚器官のチェック
肺機能検査 肺活量 呼吸器官の機能チェック  
フローボリュームカーブ    
血圧測定 坐位、右上膊部 高血圧・低血圧など、循環器疾患のチェック(血管の弾力性、および心臓の血液を送り出す能力がわかります)
尿検査 糖・蛋白・潜血 腎臓疾患、糖尿病、肝臓疾患等のチェック

尿には体の状態を示す様々な情報がつまっています。目に見えない体内の異常を知らせてくれる大切なサインでもあるのです
ウロビリノーゲン・比重・ケトン体・PH・沈渣    
糞便検査 便潜血反応(2日法) 大腸がんのチェック(便に血液が混在していると、食道、胃、十二指腸、大腸といった消化器からの出血が疑われます)
虫卵検査 寄生虫のチェック    
心電図検査 安静時12誘導 心電図は、不整脈、狭心症・心筋梗塞などの虚血性(きょけつせい)心疾患、高血圧をともなう心肥大、心臓病の検出など心臓の疾患を見つける大きな手がかりとなります
血液生化学的検査 血糖(空腹時) 血糖が増えすぎると、糖尿病や肝臓、すい臓などの病気が疑われます
総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール 脂質値が高いと、血管内壁にコレステロールが沈着し、低いと、肝臓、脳や血管に脂質の栄養が届きにくくなります
総ビリルビン、総蛋白量、GOT・GPT・γ-GTP、アルカリフォスファターゼ、LDH 肝臓障害の程度や種類がわかります。また、心筋、骨格筋、胆道系の障害も疑われます
尿酸・クレアチニン 高値の場合は「通風」となる恐れがあります。また尿管に流れ出し、そこで結石を作る恐れもあります。

腎臓の排泄機能が悪化すると高値になり、腎障害が疑われます。
アルブミン・カルシウム・尿素窒素・アミラーゼ・コリンエステラーゼ、A/G比 すい臓に障害があり、詰まったときに、血液や尿の中にアミラーゼがあふれ出てきます。(急性・慢性すい炎、急性耳下腺炎、すいがん、総胆管結石、肝硬変)

カルシウムは血液中の電解質の濃度を測ります。(電解質を一定に保つのは腎臓とホルモンです)
   
血液学的検査
(一般検査)
赤血球数・白血球数・血色素量・ヘマトクリット値 貧血、血液疾患などのチェック
血小板数、血液像      
ヘモグロビンA1c   ▲1 ▲1
血清反応検査 HBs抗原 ウイルス性肝炎のチェック ▲2 ▲2 ▲2
HCV抗体   ▲3 ▲3 ▲3
CRP(C反応性蛋白定性)・ASLO      
梅毒血清反応検査 TPHA法(定性)・RPR法      
胸部レントゲン検査 直接撮影 大角1枚 肺がん、胸部疾患など、呼吸器疾患のチェック
胃部レントゲン検査 直接撮影 透視及び四ツ切7枚(スポット含む) 胃がん、ポリープ、胃・十二指腸潰瘍など、消化器疾患のチェック
腹部レントゲン検査 直接撮影 四ツ切1枚 胆石・腎結石など腹部臓器のチェック    
眼底検査 眼底撮影(両眼) 高血圧・糖尿病などに見られる眼底変化のチェック ▲4 ▲4
眼圧検査 精密眼圧測定(両眼) 緑内障のチェック    
腹部超音波検査 断層撮影法 超音波による臓器のチェック(肝・胆・腎・膵・脾)    
子宮頸部細胞診検査 膣脂膏顕微鏡検査(スメア式) 子宮がんのチェック ▲5   ▲5
マンモグラフィ検査
(一方向)
内外斜位方向撮影 乳がんのチェック ▲6   ▲6
マンモグラフィ検査
(二方向)
内外斜位方向撮影、頭尾方向撮影
<備考>

・胃部レントゲン検査は、問診等により必要と認められる場合は、直接撮影に代えて内視鏡検査を行うことができますなお一般健診(巡回健診車の場合)は除きます。

・一般健診(巡回健診車の場合)は、胸部レントゲン検査は間接撮影、胃部レントゲン検査は間接撮影又は直接撮影となり、子宮細胞診検査及び乳房エックス線検査はありません。

▲1のヘモグロビンA1cは、食事を摂取してきた場合に血糖(空腹時)検査に代えて行います。

▲2のHBs抗原検査は、検査を希望する方について行います。

▲3のHCV抗体検査は、過去に同検査を受けたことのない方のうち、検査を希望する方について行います。
(454円追加となります。)

▲4の眼底検査は、40歳以上の方のうち、過去の健診結果により医師が必要と認めた場合に行います。
(78円追加となります。)

▲5の子宮頸部細胞診検査は、当該年度において偶数年齢に達する方で、希望する方について行います。
(648円追加となります。)

▲6のマンモグラフィ検査は、当該年度において40歳以上の偶数年齢に達する方で、希望する方について行います。
(1方向:1,066円、2方向:1,655円追加となります。)

追加検査の対象者

HCV抗体検査(C型肝炎ウィルス検査)

一般健診および一般健診(巡回健診車の場合)または総合健診を受診する方のうち、過去に同検査を受けたことのない希望者。
※希望する方は、受診前に健診の実施機関にお申し出いただき、C型肝炎ウィルス検査申込書に必要事項を記入し提出して下さい。

申込書のダウンロード

C型肝炎ウィルス検査申込書

子宮細胞診検査(子宮頸がん検査)

一般健診及び総合健診を受診する被保険者(女性)のうち、当該年度において偶数年齢に達する希望者。

乳房エックス線検査(マンモグラフィー検査)
一方向(内外斜位方向撮影)

一般健診及び総合健診を受診する被保険者(女性)のうち、当該年度において50歳以上の偶数年齢に達する希望者。

二方向(内外斜位方向撮影・頭尾方向撮影)

一般健診及び総合健診を受診する被保険者(女性)のうち、当該年度において40歳以上50歳未満の偶数年齢に達する希望者。
※子宮細胞診検査及び乳房エックス線検査を希望される方は、健診の実施機関へ予約する際にお申し出下さい。