社会復帰を暖かくサポート

申請方法

申請(新規および再新調) 申請(修理)申請(矯正眼鏡等を必要とする人) 申請(移送) 医療機関用申請書

1.申請方法(新規および再新調)

義肢、装具、補助器、補助車(車椅子、電動車椅子、歩行器)および補聴器の支給を受けようとする人は、

1.全国健康保険協会船員保険部あてに、整形外科療養承認申請書(様式第1号)及び船員保険年金証書の写しまたは船員保険障害手当金決定通知書の写しを提出します。

2.提出により、整形外科療養承認書(様式第2号)の交付を受けます。

3.承認書に義肢、装具、補助器、補助車、補聴器支給申請書(様式第4号)を添付して、指定されている医療機関に提出します。

なお、義肢等が破損し、再新調を受けたい人も、同じ手続きを行います。

2.申請方法(修理)

義肢、補助器等の修理を受けたい人は、

1.義肢、装具、補助器、補助車、補聴器修理承認申請書(様式第5号)及び船員保険年金証書の写しまたは、船員保険障害手当金決定通知書の写しを全国健康保険協会船員保険部に提出します。

2.提出により、義肢、装具、補助器、補助車、補聴器修理承認書(様式第6号)の交付を受けます。

3.これを指定されている医療機関に提出すれば、修理等が受けられます。

3.申請方法(矯正眼鏡等を必要とする人)

1.眼鏡の申請は4-1(新規・再新調の1番目)と同じ手続きを行い、整形外科療養承認書の交付を受けます。

2.その後、眼鏡店または、病院で購入してから、眼鏡支給申請書(様式第7号)に、整形外科療養承認書および眼鏡購入の際の領収書を添付して、一般財団法人船員保険会に提出します。

3.眼鏡の費用は、厚生労働省が告示で定める「補装具の種目、購入又は修理に要する費用の額の算定等に関する基準」の価格の範囲内において支給されます。

4.申請方法(移送)

移送を必要とする人は、

1.移送費支給申請書(様式第3号)義肢、装具、補助器、補助車及び補聴器等の支給を受けようとする指定医療機関(病院長)に提出すれば、移送費の支給が受けられます。

5.医療機関用申請書

整形外科療養委託費用支払請求書

診療報酬明細書会計票

整形外科患者別診療費明細書

義肢、補助器等製作(採型)明細書

義肢、補助器等修理明細書

移送費支給明細書